退職代行解決事例:嫌がらせを受けた医師の早期退職を実現

退職代行解決事例:嫌がらせを受けた医師の早期退職を実現

嫌がらせを受けた病院勤務の医師(有期雇用)の退職代行を実施。交渉により契約満了前に早期退職を実現

今回は有期雇用で入職した病院勤務の医師の退職代行事例を紹介します。今回ご相談をいただいた40代男性医師は、面接で聞いていた職場環境と実際が大きく乖離していたこと、また、事務部長から無視などの嫌がらせを受けていたことを理由に契約満了前に早期退職を希望していました。

弊所「弁護士法人みやび」の弁護士が直接病院責任者に電話介入を行い、法的に契約を前倒しで終了&依頼者様の希望日で退職に成功しました。

近年は退職代行が全国的に認知されてきたためか、病院勤務の医師の方からの問い合わせや法的な相談を非常に多くいただいています。そこで、弊所では全国の医師の方に向けてLINE無料相談窓口を設置しております。まずはお気軽にご相談ください。

LINE無料相談窓口:https://taishoku-service.com/formline/

相談内容:嫌がらせを受けた医師の退職代行。契約満了前に早期退職を実現

相談内容:嫌がらせを受けた医師の退職代行。契約満了前に早期退職を実現

今回退職代行のご相談をいただいたのは、病院勤務の40代医師の方からとなります。有期雇用で1年契約で入職したものの、面接時に言われた職場環境が実際と大きく異なり、毎日肉体的・精神的とともに焦燥しきっていました。また、それだけでなく正しい医療を提供するための進言が事務部長に無視され、他にも嫌がらせと見受けられる言動が頻繁に発生した他、入職後に責任者の方から契約の見直しを迫られる圧力を受けたことから退職を決意したとのことです。

相談者様は一刻も早い退職を希望していましたが、契約書には退職3ヶ月前の申し出が必要と記載されているため、自力での退職が困難と判断し、この度弊所「弁護士法人みやび」に退職代行をご依頼いただきました。

病院勤務の医師は通常の退職で3~6か月かかるのが普通

病院で働く医師は、給与が高額且つ異動や退職希望者が多いため、1年の有期雇用契約が普通です。また、退職する際は3~6か月要することが多く、これは引き継ぎや人材の穴埋めに時間がかかるためです。

しかし、今回のような劣悪な職場環境でパワハラまがいの言動も見られる場合は、法的に契約満了前の早期退職も可能となります。今回は依頼者様が希望する日付けにて退職を実現することができました。

退職代行実施前のポイント:契約書の精査と法的な対応策の吟味

退職代行実施前のポイント:契約書の精査と法的な対応策の吟味

最初はLINEのチャットにてご相談いただき、正式にご依頼をいただいてからは、具体的な現状のヒアリングと弊所在籍の弁護士による労働契約書の確認を行いました。

また、依頼者様とお話をする中で、すでに精神的に参っている様子でしたので、早期の退職代行の実施と1日も早い退職日の交渉が肝要でした。

パワハラ・圧力・嫌がらせの証拠記録の収集が重要

医師という特殊な業界・職種であり、法的な早期退職が正社員(無期雇用)と比べて困難な有期雇用契約のため、今回は依頼者様から提供された圧力や嫌がらせの会話記録を重要証拠として活用しました。

退職代行の実施と結果:嫌がらせの法的な説明と医師の希望日に退職成功

退職代行の実施と結果:弁護士が病院と交渉。医師の希望日に退職成功

病院勤務の医師や看護師の退職代行は、他の業界と比較して難易度が高く、また有期雇用の場合は法的見解や証拠の提示が成功のポイントとなります。今回は上司からの圧力などパワハラまがいの言動を記録した証拠を依頼者様から提示していただけたため、スムーズな交渉が可能でした。証拠がない場合でも弁護士の直接介入によって、病院側も妥協してくれることが多いため諦める必要はまったくありません。

今回は病院責任者と弊所弁護士が直接電話にて交渉。事前に説明を受けていた職場環境の違いや上司からの圧力などを正当な理由として、依頼者様の希望する日付けにて退職手続きをするよう交渉し、成功しました。

仮に病院側が不当と早期の退職を認めなかったり、損害賠償等を請求する事態になっても、会話記録を基に法的に退職が可能であることも判断しました。

困難だった点:医師の契約期間満了前の退職は法的見解と準備が必要

困難だった点:医師の契約期間満了前の退職は法的見解と準備が必要

今回は医師の契約期間満了前の退職となるため、通常は契約書の内容に従って3ヶ月前の申し出が必要とされます。その中で、早期退職を実現するための法的サポートが必要でした。また、圧力や嫌がらせに対する証拠収集と、その活用法が重要な課題となりました。

ただし、弊所「弁護士法人みやび」ではこれまで数多くの病院勤務の医師や看護師の退職代行を実現しております。医師の希望する退職日及び最終出社日を交渉するだけでなく、有給休暇の残日数の消化や未払いの残業代や退職金、不当に減額された給与の請求などにも対応しております。

まとめ:嫌がらせや圧力を受けて辞めたい医師は退職代行に相談を

まとめ:嫌がらせや圧力を受けて辞めたい医師は退職代行に相談を

独特の縦割り社会を持つ病院・医局で働く医師の中には、心身をすり減らして毎日勤務している人も多くいます。しかし、精神的に追い詰められる前に職場を離れ、新たなステップ・キャリアを見つけるのも有意義な人生となるはずです。

弊所「弁護士法人みやび」は弁護士が直接病院責任者に電話連絡し、法的に確実な退職をお約束します。自力で辞められるのであればそれに越したことはありませんが、現実的に難しい場合は、躊躇せずに弊所に頼ってください。

弊所では医師向けに無料で相談できるLINE窓口を設置していますので、まずはお気軽にご相談ください。

LINE無料相談窓口:https://taishoku-service.com/formline/

弁護士法人「みやび」にご相談を

弁護士法人「みやび」は全国の「会社を辞めたいけど辞められない」人に退職代行サービスを提供しています。LINE無料相談・転職サポート・残業代等各種請求にも対応しており、5万5000円(税込)から承っています。まずはお気軽にご相談ください。
>>問い合わせはこちら

Author Image

佐藤 秀樹

弁護士

平成12年慶應義塾大学法学部法律学科卒。 平成15年に司法試験合格後、片岡法律事務所入所。

債権回収、相続問題といった一般民事事件から、M&A、事業再生、企業間取引
労務管理、知的財産権などの企業法務まで、数多くの実務に従事する。

平成19年からは慶應義塾大学法科大学院講師(実務家ゼミ担当)及び慶應義塾大学法学研究所講師を務める。
平成21年に弁護士法人みやびを開設し、現在に至る。