退職代行解決事例|保育士の学期途中の退職実施。保護者の説明も

退職代行解決事例|保育士の学期途中の退職実施。保護者の説明も

保育士から退職代行のご依頼をいただきました。学期の途中でしたが弊所弁護士が保育園の責任者と交渉し、依頼者様の希望の退職を実現しました。

今回は保育園で働く保育士の方から退職代行のご相談をいただきました。ご相談者様は、学期の途中で辞めることができるかを心配しているとともに、他の同僚先生方や保護者への説明責任を要求されることも不安視しておりましたが、弊所「弁護士法人みやび」の弁護士が保育園の責任者と交渉することで、無事すべての問題を解決し、相談者様の希望日の退職を実現できました。

弊所「弁護士法人みやび」では、昨今保育士の退職代行相談の増加に伴い、無料のLINE相談窓口を設置しております。民間の代行業者で断られた案件もご相談できるので、まずはお気軽にお問い合わせください。

LINE無料相談窓口:https://taishoku-service.com/formline/

相談内容:学期の途中で辞めたい。保護者や先生への説明もしたくない

相談内容:学期の途中で辞めたい。保護者や先生への説明もしたくない

今回のご相談者様は、20代女性の保育園で働く保育士の方となります。ご相談者様は今年からクラスを受け持つようになったのですが、担任としての責任感が重すぎると感じ、続けていく自信がないとのことでした。また、同僚の先生たちとの人間関係も良好とは言えず、相談できる人も園内にいないため、日々悩みながら出勤していると仰っていました。

相談者様は学期の途中で辞めることが可能かどうか知りたいと考えており、また先生や保護者に直接説明する必要があるのかについても不安を抱えていました。そこで、弊所弁護士の見解を伝えた上で、正式に退職代行をご依頼いただくことになりました。

退職代行実施前のポイント:依頼者様の精神的な負担を軽減させる

退職代行実施前のポイント:依頼者様の精神的な負担を軽減させる

退職代行のご契約をいただいたあとは、弊社スタッフが詳細の聞き取りを致します。今回保育士である依頼者様の要望は大きく分けて3つ。①最終出社日を指定したい、②学期の途中でもトラブルなく辞めたい、③辞める際に保護者や先生関係者への挨拶や説明を割愛したい、というものです。

いずれも法的に可能な案件となるため、弁護士が適切に対応・介入することでスムーズな退職ができると判断しました。そのため、まずは依頼者様の精神的不安を軽減させるため、弊所にお任せいただければ心配は無用であることをお伝えしました。

退職代行実施:保育士に代わり弁護士が責任者に直接電話連絡

退職代行実施:保育士に代わり弁護士が責任者に直接電話連絡

退職代行の実施にあたっては、弊所「弁護士法人みやび」の弁護士が直接保育園の責任者に電話連絡し、退職手続きを促しました。まず、依頼者様の要望に沿って、依頼者様は精神的な負担が大きく、これ以上の業務の継続、及び対面での面談や説明などは難しいことを伝えました。また、学期の途中退職のため保護者への説明も必要と考えられますが、こちらも保育園側に責任を持って担当してもらうよう依頼しました。

引き継ぎの必要性に関しても保育園側としっかりと協議し、依頼者様への負担は最小限にとどめることに成功しております。

学期の途中で辞められる?保育士のありがちな悩みと回答

学期の途中で辞められる?保育士のありがちな悩みと回答

退職代行が各種メディアに注目されるようになって以降、全国の保育士に従事している方からのお問い合わせをいただくようになりました。そして、その多くの人が抱えている悩みの1つが「学期の途中で辞められるのか?」という点です。

保育園によっては学期の途中で辞めようとすると、園長から執拗な引き止めにあったり、先輩の先生方から「無責任」と言われることもあるようです。しかし、法的観点から解説すると、学期の途中で辞めることに何も問題はありません。他の先生方の負担は一時的に増えるかもしれませんが、人材不足や人材確保は保育園の経営課題となるため、退職を検討している保育士には何ら責任はありません。

学期の途中で辞めたい保育士は「弁護士法人みやび」へ無料相談を

学期の途中で辞めたい保育士は「弁護士法人みやび」へ無料相談を

退職代行に頼りたい保育士のほとんどは学期末まで到底待つことができなく、1日も早い退職を希望します。しかし、人手不足の保育園では園長や理事長による執拗な引き止めやパワハラとも取れるプレッシャーをかけてくることがしばしばあります。

責任感を感じて業務を続けようと考える保育士も多いですが、自分の健康と仕事を天秤にかけたとき、優先しなければならないのはもちろんご自身の健康です。精神的苦痛を伴ってまで働く必要はありませんので、心身に疲労が見られたときは、退職代行に依頼して第三者に退職手続きを一任するのも選択肢の1つとしておすすめです。

弁護士法人みやびの特徴:無料相談&無期限サポート

弁護士法人みやびでは、無料のLINE相談窓口を設置しております。保育士の皆さんが抱えているトラブルや悩みは人それぞれ異なりますので、弊所に相談することで解決できるか否かをご判断ください。

また、弁護士法人みやびでは、退職完了後も無期限でサポートを実施しております。「退職月の給与が一向に振り込まれない」、「離職票が届かない」といった退職後のトラブルも適切に対応が可能です。

まとめ:保育士の退職トラブルを解決します。1日も早い退職を実現

今回は学期途中の退職、及び各種挨拶や面談の拒否等を保育園の責任者に伝え、依頼者様の希望日の退職を実現しました。法的に正当であることを丁寧に説明することで、ほとんどの保育園にはご理解いただき、スムーズな退職が可能です。ただし、昨今増加している一般企業が提供する退職代行に依頼してしまうと、上記のような法律に基づいた正当な退職ができません。昨今は民間業者も弁護士事務所も退職代行費用はそれほど大きく変わりないので、現在代行利用を検討している保育士は、冷静に検討し、弁護士事務所に依頼されることを強くおすすめします。

LINE無料相談窓口:https://taishoku-service.com/formline/

弁護士法人「みやび」にご相談を

弁護士法人「みやび」は全国の「会社を辞めたいけど辞められない」人に退職代行サービスを提供しています。LINE無料相談・転職サポート・残業代等各種請求にも対応しており、5万5000円(税込)から承っています。まずはお気軽にご相談ください。
>>問い合わせはこちら

Author Image

佐藤 秀樹

弁護士

平成12年慶應義塾大学法学部法律学科卒。 平成15年に司法試験合格後、片岡法律事務所入所。

債権回収、相続問題といった一般民事事件から、M&A、事業再生、企業間取引
労務管理、知的財産権などの企業法務まで、数多くの実務に従事する。

平成19年からは慶應義塾大学法科大学院講師(実務家ゼミ担当)及び慶應義塾大学法学研究所講師を務める。
平成21年に弁護士法人みやびを開設し、現在に至る。